宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
いちご電鉄ケーキ線
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちご電鉄ケーキ線

  • 絵本
作・絵: 二見 正直
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いちご電鉄ケーキ線」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年05月
ISBN: 9784569781426

幼年から
A4判変型上製

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

日曜日の朝、おにいちゃんとおねえちゃんとておくんのもとへ、いちご電鉄ケーキ線がやってきました。3人はすばやく飛び乗りました。しばらく走ると、1つめの駅につきました。「スポンジえき」です。おにいちゃんが型にスポンジのタネを流しいれ、電車の中にあるオーブンで焼きながら進みます。2つめの駅につきました。「なまくリームえき」です。おねえちゃんが、なまクリームをまぜて、電車の中の冷蔵庫で冷やしながら進みます。3つめの駅につきました。「いちごえき」です。歌いながら、みんなでいちごをつみます。電車にもどると、スポンジが焼きあがっていました。次は、とうとう終点「なないろのえき」です。到着すると、フルーツ電鉄ジュース線の車掌さんとお客さんが、ジュースを作ってまっていてくれました。

ジュースを飲んだら、いよいよスポンジを切って、なまクリームをぬって、いちごをのせて……いちごケーキのできあがりです!

ベストレビュー

電車もケーキも

電車もケーキもというおもしろい電車に乗る3きょうだいのお話。
電車に乗りながらおいしいものをつくろう!っていいですね。
なないろのえきというのがいったいなにを指すのだろう?と思いながら読みました。
こんな電車に乗ったら、こどもは喜ぶのでしょうね。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


二見 正直さんのその他の作品

メガネくんとハダシくん / あなのはなし / チョーシンくんのだいぼうけん / こぎつねトンちゃん きしゃにのる / でんしゃだって… / えんまのはいしゃ



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

いちご電鉄ケーキ線

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット