宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ねことらくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねことらくん

  • 絵本
作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年09月
ISBN: 9784834022384

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ゆうじが遊んでいると、ネコがやってきて、しっぽとチョッキを交換しようといいます。ゆうじはしっぽをつけて、強い「ねことらくん」に変身。出かけていって、カラスをびっくりさせ、クマの手伝いをし、大活躍します。

ベストレビュー

ぐりとぐらのペア

ぐりとぐらの最強ペアがこの絵本も手掛けていると思うとそれだけで嬉しくなりました。中川さんの文章と山脇さんの優しい絵がこの絵本でも健在でした。猫トラ君の尻尾が簡単に取れる所がとにかく驚きました。でも、その猫トラ君の尻尾のお陰で色々な人を助ける事ができて本当に良かったと思います。特にウサギの子供を助けるときに大きな木に登っていく姿は本当に逞しく思いました。木の枝が細かったので折れはしないかと心配でしたが無事に助ける事が出来て私もほっとしました。お母さんの作ってくれたサンドイッチを美味しそうに頬張っている主人公は最高に幸せそうで私まで幸せのおすそ分けをしてもらったように感じました。優しい絵本でした。
(なびころさん 20代・ママ 女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 李枝子さんのその他の作品

中川李枝子 本と子どもが教えてくれたこと / 文春文庫 本・子ども・絵本 / ママ、もっと自信をもって / みかん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 9> / いちくん にいくん さんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 1> / うさぎのにんじん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 5>

山脇 百合子さんのその他の作品

はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに / ねこどけい / 狐物語 / 角川つばさ文庫 25の小さなおはなし / 木いちごの王さま / 完 子どもへのまなざし



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その10 最終回

ねことらくん

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット