話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン

こどもずかん777 英語つき しゃしんバージョン(学研)

類書中最多掲載!ファーストずかんとして最適な1冊!!

  • 学べる
  • 役立つ
  • 全ページ
  • ためしよみ
教室はまちがうところだ

教室はまちがうところだ

  • 絵本
作: 蒔田晋治
絵: 長谷川 知子
出版社: 子どもの未来社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年05月
ISBN: 9784901330404

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

全国の学校で愛されつづけてきたあの詩が、すてきな絵本になりました!
みんなの前で手をあげて発表するときの、ドキドキする気持ち、だれもが経験しているはず。そんな子どもたちを「まちがえうことをおそれちゃいけない」と励まし、まちがうなかで「ほんとのものを見つけていくのだ」「そうしてみんなで伸びていくのだ」と語りかけます。
こんな教室だったらいいな、こんな教室にしたいな、という声が、子どもたちからも教師たちからも、そして親御さんたちからも届いています。

ベストレビュー

一年生の先生、子供達に読んであげてください!

読みながら、なぜだか涙が出て来ました。
 
私自身が、子供の頃 間違うのが怖くて、笑われるのが怖くて、ほとんど手を上げられませんでした。
そして今、小学校に入学して半年になる娘が、同じ状況です。
 
「あのね、○○(名前)は まだ一度も手を上げたこと、ないの。」
「これからも、こわいから、ぜったいに上げないんだ。」
 
この言葉が、この本を買うきっかけになりました。
 
全ての一年生の教室に、この本を置いて欲しいです。
一年生の担任の先生に、ぜひ教室で、ゆっくりゆっくり 子供達に読んで聞かせて欲しい。

子供や親が読むだけでなく、ぜひ、先生からの言葉として、子供達に伝えて欲しい。
教室では たくさん間違っていいんだよ、 どんどん間違おうよ と。
 
私や娘がそうであったように、
手を上げたら 正しい答えを言わなきゃいけない、と思い込んでいる子供達、きっと大勢いると思うのです。
 
この本の言葉から、小さな勇気が出る子供が、きっといると思います。
(桜なみきさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 知子さんのその他の作品

紙芝居 おばけのしんたいそくてい / ポプラ世界名作童話(26) クリスマス・キャロル / おむかえだあれ / おてつだいおばけさん / どーだっ! / けんかともだち



『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット