話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

おやゆびちーちゃん

おやゆびちーちゃん

  • 絵本
作: アンデルセン
絵: 堀内 誠一
訳: 木島 始
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥2,200

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おやゆびちーちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年05月20日
ISBN: 9784834001259

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アンデルセン『親指姫』の絵本を、このたび復刊します。本作は、『はなをくんくん』『ピーターのいす』の訳者で詩人の木島始と、『ぐるんぱのようちえん』の画家・堀内誠一が、原作に忠実に訳し、描いた1967年初版の意欲作です。このたび原画から新たに作り直すことで、アンデルセンの世界が、美しくよみがえりました。文字も読みやすくリニューアル。周囲に翻弄されつつも、まっすぐに生きたちいさな少女の物語を、お楽しみください。

ベストレビュー

お姫様好きの娘には、この長さがたまらない

アンデルセン生誕百年記念の復刊。世に言う親指姫です。
以前、図書館で借りて読みました。姫好きの娘には、こちらがねを上げるほど繰り返させられたものです。というのも、本来のアンデルセンのお話に近いので、長いのです。
読む親泣かせです。

遥かに遠くまで続く刈かぶの畑のなかのちいちゃんのはかないこと絵には心打たれます。
もぐらの家にお嫁に行くとき、着るドレスは蜘蛛の糸をつむいでちいちゃん自身が作っていたこと、花の妖精の女王になったときつけた羽は蝿の羽だったことなど、だいぶ知らないこともありました。

親もお話の世界にどっぷりつかれます。

(佐保姫さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンデルセンさんのその他の作品

雪の女王 アンデルセン童話集 / 小さい人魚姫 アンデルセン童話集 / ナイチンゲール / おやゆびひめ / 100年後も読まれる名作(13) 雪の女王 13 / すずのへいたいさん

堀内 誠一さんのその他の作品

どうぶつしんぶん / きこりとおおかみ / てんのくぎをうちにいったはりっこ / いかだは ぴしゃぴしゃ / ふくろにいれられたおとこのこ / てがみのえほん

木島 始さんのその他の作品

かえるのごほうび 絵巻「鳥獣人物戯画」より / うらしまたろう /  / 福音館文庫 ライグマ博士と仲間たち【全3話】 / ゆきむすめ / うりこひめとあまんじゃく


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > おやゆびちーちゃん

愛を伝える絵本 レビューコンテスト

おやゆびちーちゃん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット