話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
ヴィンニ!(3) イタリアへ行く

ヴィンニ!(3) イタリアへ行く

  • 児童書
作: ペッテル・リードベック
絵: 杉田 比呂美
訳: 菱木 晃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784001156294

小学3.4年から
A5判・上製・154頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ママのけがが治ると,パパは町に別のアパートを借り,新聞社で働くことになりました.ヴィンニはパパの取材旅行にくっついて,水の都ヴェネチアをおとずれます.飛行機内ではコックピットにいれてもらったり,女流作家さんがパパを気に入ってしまったりと,楽しいハプニングもいっぱい.シリーズ第3巻はイタリア編.

ベストレビュー

イタリアでパパが奮闘します!

ヴィンニとヴィンニのパパがイタリアに取材旅行に行く話です。
イタリアに取材に行けちゃうくらいの新聞社に勤めているのなら、さぞかしいい給料をもらえてるのかな?と、思いますが、
ヴィンニのパパは常に「お金が〜(ない)」と嘆いています。
庶民感覚のこのパパさんの言動は、見ていて面白いです。
でも、ヴィンニが大好きで、ヴィンニのためになら、ガツンと一発かましてしまう強さも持ってます。
この「イタリアへ行く」はヴィンニのパパのカッコイイ(?)ところもいっぱい見れますし、
作者のちょっとしたいたずらも描かれているので、とても楽しく読める巻でした。

それと、個人的にホッとしたのは、担任とヴィンニがやっといい関係になれたところ!
担任も、「ヴィンニが頭の回転がいい子」だということには気づいていたようです。あぁよかった。
シリーズの中では個人的に一番お薦めのおはなしでした。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

ペッテル・リードベックさんのその他の作品

ヴィンニ!(4) われらがヴィンニ / ヴィンニ!(2) ヴィンニとひみつの友だち / ヴィンニ 美装ケース入り4冊セット / ヴィンニ!(1) 日曜日島のパパ

杉田 比呂美さんのその他の作品

親切なおばけ / みちとなつ / エレベーターのふしぎなボタン / イチからつくる ワタの糸と布 / がんばるセイウチ / かまってシロイルカ

菱木 晃子さんのその他の作品

くまのピエール / アストリッド・リンドグレーン / フランソンのさむい冬の日 / ちいさなおじさんとおおきな犬 / ロサリンドの庭 / 名探偵カッレ 危険な夏の島


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ヴィンニ!(3) イタリアへ行く

町のかわりものアーサーが神話のせかいで大かつやくする 冒険ファンタジー!!

ヴィンニ!(3) イタリアへ行く

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット