宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ルナと光の天使
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルナと光の天使

  • 絵本
文: ヴァンミーター 有貴
絵: 柴崎 るり子
出版社: 明窓出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ルナと光の天使」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

このクッキーの ひみつはね、おねがいごとを かなえてくれるのよ」
ルナくんは、クッキーをみつめて いいました。 「みんなが ハッピーになれるように、 ちからを かしてください」 すると、ルナくんは フワッとうきあがり、いつのまにか おほしさまにのってよぞらをとんでいました。(本 文より抜粋)

星の王子様を彷彿とさせるルナくんが、みんなの幸せを願って夜空の旅に出ます。旅の先でルナくんが出会った存在とは……。
*本書の絵の形は、調和の周波数を発する黄金比の長方形となっています。

「七田 厚先生、ご推薦!」 しちだ・教育研究所の教材カタログ
『天使のレッスン2012』でも紹介されました。

ルナと光の天使

ベストレビュー

キラキラとした世界

どのページにも、キラキラとした世界が広がっています。

このような絵本は初めて読むので、とても新鮮でした!

文字が多めなので、自分で文字を読める年齢のお子さん向けかもしれません。
大人のかたにも、おすすめです。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柴崎 るり子さんのその他の作品

はととみにくいひばりのこ / でたがりもぐら / ぞうのこどもがみたゆめ / ぼくはほしのこ / サケのりんたろう / ははうまこうま



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

ルナと光の天使

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット