まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
せかい一わるいかいじゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せかい一わるいかいじゅう

  • 絵本
作・絵: パット・ハッチンス
訳: 乾 侑美子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「せかい一わるいかいじゅう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年
ISBN: 9784032024104

対象年齢:3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

赤ちゃん怪獣ばかりチヤホヤされて、お姉さんのヘイゼルはおもしろくありません。身近なテーマを怪物に託して、明快に描きます。

ベストレビュー

価値観のちがい!

外国っぽい絵本って、どちらかというとあまり好みじゃなくて、今まで避けてきてしまったのだけど、ある方のHPで、おすすめの本として紹介されていたので、借りてきて読んでみました。

赤ちゃんが生まれて、みんながかまってくれなくなり、すねてしまうお姉ちゃん(お兄ちゃんの場合も)、これまた、よくあるストーリーなのですが・・・。

この本の面白いところは、かいじゅう界と人間界では、価値観がまったく逆だというところ。
せかい一わるいかいじゅう、こそがみんなの憧れなのです。
だから、ビリー(赤ちゃんの名前)が悪いことをすればするほど、周りの大人たちがほめ、ヘイゼル(お姉ちゃんの名前)はおもしろくありません。

ビリーは家の中だけでなく、「せかい一わるいあかちゃんかいじゅうコンクール」に優勝してしまうほどの、実力の持ち主(笑)。そんなビリーに、ヘイゼルは勝てるのでしょうか???

ラストのオチまで笑えます。

シリーズがまだあるらしいので、続きも読んでみたいです。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


パット・ハッチンスさんのその他の作品

ロージーのひよこはどこ? / へっちゃらトーマス / まんげつダンス! / がたごと ばん たん / かえりみちを わすれないで / ヒギンスさんととけい

乾 侑美子さんのその他の作品

ストラヴァガンザ 星の都 上 / ストラヴァガンザ 星の都 下 / にんじんケーキ 改訂版 / 聖人と悪魔 / はだかの王さま / 伝記 世界の作曲家(12) ジョン・レノンー永遠に語り継がれるスーパースター



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

せかい一わるいかいじゅう

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 26人

ママの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット