虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
リンゴとカラス麦
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リンゴとカラス麦

  • 絵本
作・絵: フランク・アッシュ
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ひとりであそんでいた子ウシが、ママとはぐれた子ジカとであい、なかよしになった。子ジカは、森のおくのおいしいリンゴのなっている木をおしえてくれるという。でも子ウシは、もうママのところへかえりたくなって…。
●厚生省中央児童福祉審議会推薦

ベストレビュー

小さい時の気持ち

とても絵がほのぼのしています。
子供は、牛やリンゴなどを指差して聞いてましたが。
私自身、親から見える範囲の行動でも、子供からしたらちょっとした冒険になることを思い出させてくれました。
2歳の娘にしたら、文章が少し多かった気もします。
(はしけんさん 20代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フランク・アッシュさんのその他の作品

天才少年ダンボール博士の日記 宇宙船をつくれ! / クマくんのやくそく / クマくんのひっこし / ちいさいね おおきいね / あっちへいってよ、かげぼうし / あれ、お空がもえてるよ

山口 文生さんのその他の作品

おーい、こちら灯台 / くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― / みなみへ / 英日CD付 英語絵本 きょうはみんなでくまがりだ We’re Going on a Bear Hunt / プーさんと であった日 世界でいちばん ゆうめいなクマのほんとうにあったお話 / あぶないよ、ふわふわケムちゃん!



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

リンゴとカラス麦

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット