もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
しにがみさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しにがみさん

  • 絵本
作・絵: 野村 たかあき
監修: 柳家 小三治
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年03月05日
ISBN: 9784774606132

出版社からの紹介

死神は、金がなくて困っている若い父親を助ける。ところが…。落語「死神」を題材にした恐ろしくも滑稽なはなし。

しにがみさん

しにがみさん

ベストレビュー

小学校読み聞かせ

小学校の読み聞かせ会に持参しました。
対象は高学年。6年生ばかり20名弱ほど来てくれました。

今回の読み聞かせ会のテーマは
「これってホラー?!」な絵本。
ホラーかなぁ…と思う絵本を探していて
見つけました。


この本はこの日の2冊目。
所要時間は約6分ほどです。
江戸落語が元になっていることを
紹介して読み始めました。
呪文の後で手をたたくところで
たたきたかったのですが、本を持っていて
手がふさがっていたので、膝をたたいて音を出し、
医者になる男の声は、江戸っ子らしく
落語の主人公らしく、威勢よく元気よく、
死神は感情を殺して、低い一本調子な声で読みました。
(不気味やな〜って声が聞こえたので、嬉しかったです♪)

落語なので、みんな楽しげに聞いてくれましたが
最後のオチのところで「え〜っ!!!」と…。
「それって死んだってこと?」
「実は悲しいお話やん」なんて声もありました。

今日もとても楽しかったです。
(将軍亭琴音さん 30代・ママ 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野村 たかあきさんのその他の作品

そこつ長屋 / さるの てぶくろ / しばはま / ねこのさら / たなばたにょうぼう / 紙芝居 おにたとおふく



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット