話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

わたしの足は車いす

わたしの足は車いす

  • 絵本
作: ファイニク
絵: バルハウス
訳: ささき たづこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784251009395

小学校低学年以上向き

出版社からの紹介

車いすで生活しているアンナは、初めて一人でお使いに行くが、出会うのは同情と好奇心の眼差しと無視ばかり。障害者理解が一層深まる絵本。今年度オーストリア児童文学賞受賞作。

ベストレビュー

バリアフリーのこころが  勇気与えてくれます

車いす生活で毎日奮闘するアンナのようすが すごいなあと思います
お母さんも アンナのお買い物を頼み できないからと言う接し方をしていないところがすごく気に入りました

いざ 車いすで 町に出てみると いろんな物を目します
ふちょっちょの男の子が いじめられていました
町の人の目   車いすに乗るアンナは  横断歩道を渡るとき 困るのです
そんな時 手助けしてくれたのは あの ふとっちょの男の子でした
スーパーで りんごを買うとき 周りの店員さん達の態度は、どうでしょう?
やはり アンナの気持ちを理解してくれません 悲しくて涙ぐんでいると さっきの男の子  ジギーがやってきて 会話します
ふつうと違う それぞれの個性を認め合うことを アンナとジギーは分かり合い友達になれたのです
そして アンナは 自分が車いすで困っているとき 周りにいる人に頼むことができたのです    そばで ジギーは見守ってくれています
なんて 優しい心でしょう

本当の意味でのバリアフリーを教えられました
アンナとジギーから
わたしの足は車いす  胸を張って みんなの前でも言える勇気
そして それをみとめる社会が大切ですね 
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ファイニクさんのその他の作品

わたしたち手で話します / 見えなくてもだいじょうぶ?

ささき たづこさんのその他の作品

おばあちゃんがいなくなっても… / はっぱをつかまえて! / イギリス民話 3びきのくま 新装版 / キッカーズ!(6) めざせ、優勝だ! / キッカーズ!(5) 練習場が見つからない / キッカーズ!(4) 仲間われの危機


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > わたしの足は車いす

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

わたしの足は車いす

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット