季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ふつうに学校にいくふつうの日

ふつうに学校にいくふつうの日

  • 絵本
作: コリン・マクノートン
絵: きたむら さとし
訳: 柴田元幸
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年05月
ISBN: 9784338126342

小学校中学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

普通の男の子が普通に学校に行っていた。何もかも普通の日々。ところが、ある日やってきたのは風変わりなギー先生。「音楽を聴いて、その音楽にあわせて頭の中に絵を描き、それをことばで書いてごらん」音楽が始まると普通の男の子のイメージはどんどんふくらみ……。

ベストレビュー

イメージのビッグバン!

 ふつうの子がふつうに学校に行って起きた出来事の話です。今回は先生がきっかけを与えてくれましたが、おかげで、今日は特別の一日となったようです。
 誰にもこんな経験があるんじゃないでしょうか?ほんの小さなきっかけで、ぐんぐんイメージがふくらんでいくことって。頭の中のイメージがどんどん暴走していって、自分に都合のいいお話ができちゃう。(笑)
 また、せっかくだから書き留めておこうと思うこともありますが、文字にしようとすると追いつかないことってありません?いらいらして、少し前のイメージを忘れちゃいます。私はしばしばそういうことが起こります。でも楽しいんだよね。そういう時間が。そういう想像、皆さんはしないんでしょうか?
 さて、子供はどうかというと、大人の思いつかないようなへんてこな話を始めることがありますよね。そういう時は、ふんふんそれで?と飽きるまで聞くことにしています。バカらしいけど、おもしろい。自分の子供もそういう思いつきや想像を大切に出来る人に育って欲しいと思っています。くだらない、と一蹴してしまう「おとな」たちよりもきっと楽しい人生がおくれると思うから。
(モロビとコゾリテさん 30代・パパ 男の子6歳、男の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたむら さとしさんのその他の作品

エルビス、こっちにおいで / スマイルショップ / ライオンになるには / アブラ カダブラ カタクリコ / エルマーとクジラ / キョウリュウがほしい

柴田 元幸さんのその他の作品

金箔のコウモリ / ホーム・ラン / ブルックリン・フォリーズ / 改訂増補新版 エドワード・ゴーリーの世界 / サンセット・パーク / 


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ふつうに学校にいくふつうの日

今月の新刊&オススメ絵本情報

ふつうに学校にいくふつうの日

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット