ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
まあおばあちゃんのあざみのはなかごはどう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まあおばあちゃんのあざみのはなかごはどう

作・絵: 西山ひさ乃
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,400 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

まあおばあちゃんがおしえてくれる のはらでの すてきな時間…… かわいいぬいぐるみのキャラクターが登場する写真絵本。清々しい草原で繰り広げられる人形たちの物語。

ベストレビュー

ぬいぐるみたちと野遊びがしたくなる

あざみの花がとてもきれいに撮影されていて、
野原の花に囲まれて遊んでいる気持ちにさせてくれる絵本でした。
ぬいぐるみが主人公の写真絵本というのもめずらしいと思いました。
登場するぬいぐるみ達は一つ一つがとてもかわいらしく、娘に読んで聞かせたらとても喜んでいました。
お話は、まあおばあちゃんが作ったあざみの花かごに、
葉っぱのかげから、にゃん、けろろ、のっこちゃんなどのお友達が順番にいろいろなお花をさしてくれて、はなかごがいっぱいになっていく・・・。というストーリーです。
その様子に娘は自然と笑みがこぼれていました。
ユーモアと温かさがあり、安心してお薦め出来る一冊です。
(さかな君さん 30代・パパ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > まあおばあちゃんのあざみのはなかごはどう

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

まあおばあちゃんのあざみのはなかごはどう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット