もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
こけこっこー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こけこっこー

  • 絵本
作: 林 木林
絵: 西村 敏雄
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784790252276

2〜3歳児
縦22.0×横21.0cm(表紙縦22.6×横21.3cm) 24ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

にわとりは一日の始まりをおしえてくれるだけでなく、卵を産むので昔からよく家で飼われています。人間の世界では貴重な存在として扱われていますが、はたして鳥たちの世界ではどうなのでしょうか? にわとりよりもきれいな声で鳴く鳥はたくさんいます。にわとりよりも見た目が美しいとりもたくさんいます。それなのに、同じ鳥でいながらにわとりだけ特別な存在のようで、ほかの鳥たちがうらやましく思うのもわかる気がします。どの子供にもその子ならではの長所や短所があって、それが個性です。だれかのことをうらやむことがあっても、このお話をとおして、子供たちは「ぼくがぼくであることすべてが個性で、たいせつなんだ」と気づいてもらえたら嬉しいです。

こけこっこー

ベストレビュー

大合唱♪

1〜2歳児の親子のお話会で読みました
作者は言葉遊びなども書かれている林木林さん
なので「こけちゅんちゅん」「こけぽっぽー」はリズムカルで読み手も楽しく読めました
イラストもいいですね〜表情や、その雰囲気がそれぞれの鳥の特徴を感じます
ハトとカッコーの時はママたちの方が大笑いでした
そうか、これは大人に読み聞かせしても良いのだ!

4〜5歳児にも読みましたが、普段から言葉遊びで「こけこっこー」と声に出していたのでラストは、期せずして、子どもたち全員で「こけこっこー」と大合唱になりました
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


林 木林さんのその他の作品

ダジャレーヌちゃん世界のたび(303 BOOKS) / ひだまり / ぜったい ぜったい あけちゃダメッ!! / キミワリーナがやってくる / せかいいちのいちご / アイ・アイ・アイスクリーム・ショー!

西村 敏雄さんのその他の作品

おばけのぺろぺろ / ねえねえ パンダちゃん / ももたろう / アントンせんせい あかちゃんです / ハロウィン!ハロウィン! / マロンちゃん カレーつくってみよう!



>絵本エイド ―こころにひかりを―

こけこっこー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット