新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
むかし、わたしはサカナだった

むかし、わたしはサカナだった

作: 黒田弘行
絵: 下谷 二助
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

税込価格: ¥2,200

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784540940026

ベストレビュー

おもしろ〜い進化の歴史

著者の黒田さんという方は、小学校の先生をへて、アフリカへ渡り、アフリカ象国際保護基金本部の役員になられた方だそうです。
この「むかし…」シリーズ(本当は「きみのからだが進化論」シリーズ)は魚が脊椎動物になって陸へ上がり、そこからさらに進化をして、骨盤や肩甲骨などが作られてきた過程を、楽しい図(イラストは下谷二助さん)と文章で、教えてくれています。
目次の題名も面白く、「あごがつき頭ができた」とか、「4本足、陸にあがる」とか「口からお尻の穴までをつなぐ管」とか…。
小学校の先生をしていらしただけあって、子供が興味を示しそうな楽しい題名でした。
「進化論」とかいうと、難しく考えすぎてしまう人もいると思いますが、これだけ噛み砕いて、楽しいイラストと一緒に読めば、理科や社会が好きな子が増えてくれるだろうなと、思います。
黒田先生のこの手の絵本は色々出ているようなので、これからもっと読んでみたいです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

下谷 二助さんのその他の作品

だって…学校の巻 / だって・・・ / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(15) くわずにょうぼう / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(8) 三枚のカード / あきのはらはらマジック! / かもめ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > むかし、わたしはサカナだった

10月の注目の新刊&おすすめ 〜ハロウィン〜

むかし、わたしはサカナだった

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット