新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
岩波少年文庫 ランサム・サーガ(2) ツバメの谷 下

岩波少年文庫 ランサム・サーガ(2) ツバメの谷 下

  • 児童書
作: アーサー・ランサム
訳: 神宮 輝夫
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥880

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784001141733

小B6判・並製・378頁

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

「カンチェンジュンガ山」登山探検へ!

この「ツバメの谷」は“上巻”を読んでしまったら、もう下巻が読みたくって仕方なくなります。
ウォーカーきょうだいたちはティティとロジャが見つけた素敵な谷とピーター・ダックの洞穴でのキャンプを楽しんでいます。
ランサムの描く世界は本当に素晴らしく、渓流や草木の音、時折現れる自然界の動物たちの姿を、私たち読者にまるで目の前で映像でも見ているようにみせてくれます。
本当に素敵な、素敵な谷です。読んでいると、ここへ行ってみたくなります。

“下巻”のほうはツバメの谷から、「カンチェンジュンガ山」への登山探検がメインになります。
作者の伏線の使い方はきめ細かく、それぞれのキャラクターが活きているからこそ描かれるもので、その対処や動きが、ほんとに起きたことのように伝わってくるので、更にすごいなぁ〜と、感嘆してしまいます。

今回は特にティティの活躍が多くて、「ティティ、がんばれ〜!」「さすが、ティティだなぁ」なんて思いながら読んでいきました。

とにかく“上巻”の感想でも書いたとおり、リズミカルにテンポよく子どもたちの冒険が進んでいくので、“下巻”も上巻に負けずあっという間に読み終えました。
いろいろ紹介したいシーンや思いはたくさんありますが、それをここにすべて書いてしまうより、たくさんの子どもたちに自分の目で読んで、この物語の面白さを実感してほしいと思います。

なので、ここにはなかでも一番気に入ったシーンだけ書いておきます。

「……三十年たって、私があなた方のところへ泊りにきたら……」(と、ウォーカーきょうだいのお母さん)
「おかあさんを、どこへもやるもんですか。」と、スーザンがいった。
「泊まりにくるってことはありませんよ。」と、ジョンがいった。「行かせやしませんから。お母さんはいっしょに暮らすにきまってます。」

うぉ〜っつ!!ジョン、ジョンんていいい子なの〜!
年頃の子どもを持つ母としては、涙が出そうな一言です。
この物語はウォーカーきょうだいと同世代の子どもたちが読んでもとっても面白いですが、
こうして大人になってから、親の目線で、自分の子どもくらいの子どもたちの冒険を(この物語に登場する「キャプテン・フリント」のような立場として読むのも、なかなか乙であるなぁと、改めて思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

アーサー・ランサムさんのその他の作品

岩波少年文庫 シロクマ号となぞの鳥(上) / 岩波少年文庫 シロクマ号となぞの鳥(下)  / 岩波少年文庫 スカラブ号の夏休み(上) / 岩波少年文庫 スカラブ号の夏休み(下) / 岩波少年文庫 ランサム・サーガ(10) 女海賊の島(上) / 岩波少年文庫 ランサム・サーガ(10) 女海賊の島(下)

神宮 輝夫さんのその他の作品

だいじなはこをとりかえせ / 2るいベースがぬすまれた?! / ペット・コンテストは大さわぎ / 小さな赤いめんどり / タマタン / フルダー・フラムとまことのたてごと


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 岩波少年文庫 ランサム・サーガ(2) ツバメの谷 下

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

岩波少年文庫 ランサム・サーガ(2) ツバメの谷 下

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット