宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
熊神とカパラペポンス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

熊神とカパラペポンス

作: かやのしげる
絵: いしくらきんじ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年11月
ISBN: 9784338081436

小学校低学年から
31×23cm/27ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

わたしは、ユペッ川の高い山を守る熊神です。ある日、心の美しいアイヌにうたれ、その家にまつられました。そこにはおどりのじょうずな小さな男がいました。

ベストレビュー

熊の神さまは「付喪神(?)の正体が気になる」

これもアイヌ神話の絵本です。
この絵本の内容は、いつかどこかで聞いたような話でした。
そして、私が一番アイヌの話いらしいな〜とイメージしていた「アイヌ」に近かったです。

アイヌの神さま=熊の神さまと勝手に想像していたのは、やはり北海道のお土産に石狩川で鮭をくわえている木彫りの熊が有名だったからではないかな〜と、思っています。

このお話ではあるアイヌの家で踊っていた小男は何かの神さま(たふん付喪神に近い”神さま”のことを言っているのだと思います))だったが、それがなんだったのか、何となくしか感じ取ることができなかった。
気になって仕方がないから、熊の神さまは何度もそのアイヌの家に行くのだというストーリーでした。
お話は面白いのですが、
独特の色使いと、この絵本に関しては石倉さんのイラストの線が細いのと、祭りが夜に行われているせいで、背景が暗いページが多く遠目が効きません。
あまり大勢いるところでの読み聞かせには向かないかもしれません。
話してあげるのなら小学校高学年くらいからいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かやのしげるさんのその他の作品

アイヌとキツネ / パヨカカムイ / 火の雨 氷の雨

いしくらきんじさんのその他の作品

ビリーとなかまたち / きたかぜにのって



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

熊神とカパラペポンス

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット