新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮

宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 堀川 理万子
出版社: 三起商行(ミキハウス)

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り7

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

40P/26×25cm

作品情報

発行日: 2011年10月01日
ISBN: 9784895881265

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


宮沢賢治の絵本アワード2015


【結果発表】宮沢賢治絵本シリーズ レビュー大募集!


編集者松田素子さんインタビュー

出版社からの紹介

このおはなしは、氷がひとでや海月やさまざまのお菓子の形をしている位寒い北の方から飛ばされてやって来たのです。12月26日の夜8時ベーリング行の列車に乗ってイーハトヴを発った人たちが、どんな眼にあったか、きっとどなたも知りたいでしょう。これはそのおはなしです・・・・・・。
厳しく冷たい冬の自然と、そこで生きる動物たちが傲慢な人間たちへ投げかける警告。堀川理万子がひんやりと鋭く、ときには温かな目線で賢治のメッセージをみごとに表現した作品。

【著者プロフィール】堀川理万子 1965年、東京生まれ。東京芸術大学美術学部デザイン科卒業、
同大学院美術研究科修了。画家。タブローによる個展を定期的に開催するとともに、絵本作家、イラストレーターとして活動している。主な絵本に『ぼくのシチュー、ままのシチュー』『くまちゃんとおじさん、かわをゆく』『くまちゃんのふゆまつり』(以上、ハッピーオウル社)『あーちゃんのたんじょうび』『権大納言とおどるきのこ』『きえた権大納言』(以上、偕成社)、『げんくんのまちのおみせやさん』(徳間書店)『おへやだいぼうけん』(教育画劇)など。
絵を担当した絵本や読み物に、『小さな男の子の旅』(エーリヒ・ケストナー/作 榊直子/訳 小峰書店)『シロクマたちのダンス』(ウルフ・スタルク/作 菱木晃子/訳 偕成社)『きつねのスケート』(ゆもとかずみ/文 徳間書店)『すいせん月の四日』(宮沢賢治/作 岩崎書店)、『くるみわり人形』(石津ちひろ/文 E.T.A.ホフマン/原作 講談社)などがある。


「宮沢賢治の絵本」シリーズ

宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮

宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮

ベストレビュー

迫力満点!

お話の始まりから、なんとなく独特な雰囲気が漂い、切々と読み上げられる言葉に、とてつもなく寒い場所の様子が伝わってきます。
ベーリング行きの列車に乗り込む乗客たちの特徴を、また堀川さんが適切に描かれていて、迫力満点です。耳慣れない動物たちの名前を何度も読み直し、顔の赤い太った男の口から出る、余りにもでっかい言動には、ちょっと呆れてしまいました。そして、少し雰囲気の違う青年の存在も、このお話の行く末を匂わせます。
宮沢賢治氏の、深い童話の世界は、大人も充分に楽しめます。
(おしんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

宮沢 賢治さんのその他の作品

北守将軍と三人兄弟の医者 / シグナルとシグナレス / ポプラキミノベル 注文の多い料理店 / 鳥箱先生とフゥねずみ / ポラーノの広場 / 春と修羅

堀川 理万子さんのその他の作品

海のアトリエ / ひとがつくった どうぶつの道 / 知りたい食べたい熱帯の作物 コーヒー / おひなさまの平安生活えほん / ぼく、アーサー / あーといってよあー


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット