話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
チュ・ママの台湾民話

チュ・ママの台湾民話

  • 絵本
編: 野村 敬子
絵: 松田 けんじ
監修: 松谷 みよ子
出版社: 星の環会

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「チュ・ママの台湾民話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784892943140

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

絵が語る、文を声にする、初めての美しい民話絵本 松谷文学が近年取り組んだ本書は、声の道しるべになっていて、アジアの心と日本語の雰囲気をとても大切にしながら筆を進められました。アジアの一員として生きる子どもたちに伝えるために、声を出して読んでいただく「音読絵本」です。 みんなが心の支えとして民話を語り、優しさの原点を知ります。21世紀の幕あけは松谷みよ子の可能性豊かなアジアの心の扉が開かれます。



チュさんは台湾で看護婦さんをしていましたが、青春にありがちの暗い影を背負って日本にきました。元々がんばりやさんのチュさん。日本人と結婚して双子の子どもに恵まれましたが、夫はある日失踪します。しかし、志を捨てず、りっぱに異国の中で一人で子どもを育て上げました。心の支えに民話があります。民話により祖国を語り、仲間たちと明るく強く生活しています。

チュ・ママの台湾民話

ベストレビュー

親近感の持てる民話集

台湾が親日であることを感じさせるような、親しみの持てる民話集です。
異文化でありながら、テーマに日本と共通部分を感じ、日本の昔話に共通する類似性も感じられて面白く読みました。
特に「かしこい末娘」の展開では、既読類話が気になりつつ、おむこさんが耳にした言葉たちが、奥さんの実家では見事にアレンジされていることに、素晴らしさを感じました。
台湾国籍の日本の母親という、語り部のチュエイシュウの異文化間の架け橋ですね。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野村 敬子さんのその他の作品

キムさんの韓国民話 / オリーブかあさんのフィリピン民話

松田 けんじさんのその他の作品

どんぐり屋

松谷 みよ子さんのその他の作品

てんじつきさわるえほん いないいないばあ / いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット / 紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ / まえがみたろう〈前編〉


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 民族・風習 > チュ・ママの台湾民話

モニターの満足度100%! 子どもが100%楽しんで取り組んだ「Z会グレードアップカードとえほん」シリーズの実力@

チュ・ママの台湾民話

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット