話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
少女が運んだ中国民話

少女が運んだ中国民話

  • 絵本
編: 松谷 みよ子
絵: 三栗 沙緒子
監修: 松谷 みよ子
出版社: 星の環会

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「少女が運んだ中国民話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784892943157

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

絵が語る、文を声にする、初めての美しい民話絵本 松谷文学が近年取り組んだ本書は、声の道しるべになっていて、アジアの心と日本語の雰囲気をとても大切にしながら筆を進められました。アジアの一員として生きる子どもたちに伝えるために、声を出して読んでいただく「音読絵本」です。 みんなが心の支えとして民話を語り、優しさの原点を知ります。21世紀の幕あけは松谷みよ子の可能性豊かなアジアの心の扉が開かれます。


中国吉林省でおじいさんとおばあさんと暮らす美しい少女がおりました。しかし、お母さんは日本にきてやさしい男性とめぐりあい結婚しました。少女は母にあいに、日本にきて、義父と養子縁組し、中学校に入学し、一生懸命日本語を勉強しました。祖母から聞いた民話をたくさん運んできました。民話語りが仲間を作り、言葉の壁を乗り越え、心の支えになっていきました。

少女が運んだ中国民話

ベストレビュー

少女が運んだ中国の心

この本の製作過程を知ると、少女が大切にしたい中国が滲み出ていて、ちょっとぶっきらぼうな文章がいとおしく思えてきました。
中国人の母親が、日本人の父親との国際結婚をしたことを契機に、日本にやって来た中国少女は、生まれ育った中国の民話を宝物のようにしているのです。
その彼女が、覚えたての日本語で語った中国民話がベースになっています。
あまりこなれた語りになっていないのは、大目に見たいと思いました。
それよりも、語られた民話に日本の民話、神話との類似性を感じたので、美和さんに日本人としての応援をくれるような気がしました。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

てんじつきさわるえほん いないいないばあ / いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット / 紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ / まえがみたろう〈前編〉

三栗 沙緒子さんのその他の作品

オリーブかあさんのフィリピン民話 / ポップ・アップ / よんでよんでトーク 1


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 民族・風習 > 少女が運んだ中国民話

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

少女が運んだ中国民話

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット