話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
パリからの手紙

パリからの手紙

作・絵: 堀内 誠一
出版社: 日本エディタースクール出版部

税込価格: ¥5,126

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1989年05月
ISBN: 9784888880428

ベストレビュー

堀内さんのパリからの手紙

『渋澤龍彦 堀内誠一 往復書簡』(晶文社)を読んでいたら、その中に堀内誠一さんが著名人に送った『パリからの手紙』という本があることを知りました。

堀内誠一さんからの手紙には、スケッチも添えられていて、個人的に絵日記を書くを代わりに、大切な人たちに手紙を書いて旅の様子やパリでの生活で思ったことを伝えるというのが、堀内さんのスタイルだったのだなあと思いました。

手紙ですから、その方との関係や伝えたいことも自ずと違ってきて、その文面からも堀内さんの人柄が感じられます。

堀内さんの生前にこの企画はあったようですが、堀内さんがその後亡くなったこともあり、巻末には谷川俊太郎さんの堀内さん追悼の詩や、安野光雅さんの追悼文が載っています。

特に、安野さんの追悼文にある「堀内さんは、私」という言葉は「自分のことを一番よく理解し、ほんとうにわかってくれるのは堀内さんだけだ」と周りにいた皆さんが思われていたということらしく、こんなところからも皆さんから好かれていた堀内さん像が浮かび上がってきます。

堀内さんが瀬田さんに出された最後の手紙からは、遠い場所から瀬田さんの病状を思いやる気持ちが伝わって来ました。

手紙も堀内さんの一つの作品であったのだなあと、堀内さんの軌跡をたどっているとそんな風に思います。

手紙は絵本関係者が多いので、堀内さん好きな方、絵本好きな方にもお薦めです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。

堀内 誠一さんのその他の作品

どうぶつしんぶん / きこりとおおかみ / 堀内誠一 絵本の世界 復刊セット(6冊) / ちちんぷいぷい / 音楽の肖像 / おやゆびちーちゃん


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 旅行 > パリからの手紙

食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

パリからの手紙

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット