宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
透明人間
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

透明人間

作: ハーバート・ジョージ・ウェルズ
絵: 高田勲
訳: 桑沢慧・福島正実
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥620 +税

「透明人間」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年06月
ISBN: 9784061484856

サイズ:新書判 ページ数:250

出版社からの紹介

透明になりたい!
透明になっていろいろなことをしたい!人類永遠の願望を実現した科学者の運命は?

ベストレビュー

ハイド氏のよう!透明人間の犯罪が怖い

透明人間になった天才科学者グリフィン。でも、道徳心や理性をなくし(最初からそういう傾向はあったようですが)、犯罪に手を染めていく姿は心理的に怖いです。

透明人間になったら、何か秘密をのぞいてみたいとか、お金をどこからかこっそり持ってきてもわからないかもとか、こっそり誰かにいたずらしたりしてみたいとか、そういう誰もがほんの少しはやってみたくなるようなことを、本気でやっているのですが、それによる揺り返しが怖いので、これを読んだらそんな悪事はしたくない、と思うのではないかと思います。

延々と自分で宿に払ったお金を透明姿でこっそり盗み、また何食わぬ顔でそのお金で支払うなどは、読んでいて恥を覚えるほどです。結末は残酷で悲しいけど、それ以外に普通の人の安心して暮らせる方法はないなと思います。

なかなか良いストーリーでした。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

ハーバート・ジョージ・ウェルズさんのその他の作品

宇宙戦争 / ポプラポケット文庫 透明人間

高田勲さんのその他の作品

悲しい下駄 / 虔十公園林 / 天と地を測った男 / 偕成社文庫 しろばんば / ほっほっほー / 五分次郎



『だれのパンツ?』シゲリカツヒコさん インタビュー!

透明人間

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット