話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
偕成社 新おはなし文庫1年(5) 日本のむかし話一年生

偕成社 新おはなし文庫1年(5) 日本のむかし話一年生

  • 児童書
著・編: 千世 繭子
絵: 阪上 青
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「偕成社 新おはなし文庫1年(5) 日本のむかし話一年生」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784039230508

22cm×16cm 160ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ふくろうのそめもの屋/さるかにがっせん/ももたろうなど、日本の各地に伝わるむかし話の中から一年生むきの話を14編収録。

ベストレビュー

予想以上によかったです。

偕成社から出ている学年別・新おはなし文庫の1冊です。
私が小さい頃から、この学年別の本って、そう言えばあり、私も持っていました。

この『日本のむかし話 一年生』の中には、
・ふくろうのそめもの屋、・たからげた、・だいこんどん、・ぼたもちがえる、
・大みそかのかめ、・さるかにがっせん、・かぜの神と子どもたち、・まめたろう、
・むかでどんのいしゃむかえ、・ももたろう、・つぶとたぬき、・おむすびころりん、
・ねずみのよめいり、・したきりすずめ
の全部で14話が収録されています。

どれもこれも、日本人として知っておいた方がよい話、後世にも伝えたい話が、
一年生でも分りやすい言葉で書かれています。

昔話と言えば、お決まりの「むかし、むかし」ではじまること。大概のストーリー
には正直者と欲張り者がでてくること。おじいさんやおばあさんの登場人物が多い
こと等など、昔話といえば、こんな特徴があるよねということを、知らず知らずの内に
発見することでしょう。

ウチの息子は、これまであまり昔話には触れてこなかったので、また、一話一話の話が
それほど長くないので、始終、興味深い顔をして聞いていました。
そして、一つの話が終わって読むのをやめようとすると、「先も読んでよ!」と...

特にここに収録されている『おむすびころりん』は、息子が使っている国語の教科書に
出てくるので、とても気になったようです。しかも、珍しいことに、おじいさんが
おむすびを転がした先で出会ったのは、ねずみではなく、白うさぎ!という展開で、
息子もとてもビックリしていました。大分県での伝承では、このウサギのバージョン
だそうです。

『だいこんどん』など、親の私でも知らない話があり、とても良いセレクトだなぁと
思いました。幼年童話とかと比べるととても絵が少ないのですが、話が大変短いので
飽きることもなく、想像の世界が広がります。

とてもお薦めです。今度は、このシリーズの『世界のむかし話 一年生』を読んで
みようと思います。そして、来年からは自分で二年生版を読ませようと思っています。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


千世 繭子さんのその他の作品

紙芝居 はるだよ おきて / 紙芝居 もりのおつきみ / 紙芝居 さよなら おめでとう / ひとつぶのもりのたね / 紙芝居 にゅうどうぼぼーん / 紙芝居 どんぐりぽとん


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 民族・風習 > 偕成社 新おはなし文庫1年(5) 日本のむかし話一年生

ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

偕成社 新おはなし文庫1年(5) 日本のむかし話一年生

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット