しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
風の神とオキクルミ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

風の神とオキクルミ

作: 萱野茂
絵: 斎藤 博之
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「風の神とオキクルミ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年01月
ISBN: 9784338010177

小学校低学年から
27×21cm/35ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ピカタカムイは、神の国の風の女神。思いのままに空を飛び、風をおこします。ある日、いたずら心で、アイヌの村に風をおこすと……。

ベストレビュー

風の神って、自分勝手!

アイヌの民話です。これまた面白いお話でした。
今度は”風の神”が登場します。
嬉しい気分になったからといって、強風を吹き起こして、人間の村をめちゃめちゃにしてしまうなんて、いくら悪気はなくてもずごい横暴だと思いました。

このお話にはオキクルミが登場します!
オキクルミはアイヌの民話に数多く登場します。
とても理想的ないい男に描かれていることがほとんど、強く優しく人間好きな上、見た目もカッコいい(らしい)です。
今回のオキクルミもかっこよかった。
力で風の神をやり込めるのではなく、(一見そう見えますが)「風の神の力」が、普通の人間たちにとって、どれほど凶器であるかを身を持って教えてわからせてくれた。という感じがしました。

ハマるとアイヌの民話はどれもとても面白いです。
絵はしっかりと太く描かれていて遠目はよくききます。
読み聞かせに使ってもいいとは思いますが、
私は個人的には大勢の中で読んでもらうより、一人読みで納得いくまでん何度も読み返した方が、アイヌ民話の面白さがわかりやす気がしました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


萱野茂さんのその他の作品

アイヌのむかしばなし ひまなこなべ / 五つの心臓を持った神 / オキクルミのぼうけん / 木ぼりのオオカミ / アイヌネノアンアイヌ

斎藤 博之さんのその他の作品

錦のなかの仙女 / 黄金のかもしか / おにの子こづな / 日本みんわ絵本のシリーズ まめっこころころ / 大めしくいの八やん / やまわろとてんぐどん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

風の神とオキクルミ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット