宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ちくわのわーさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちくわのわーさん

  • 絵本
作: 岡田 よしたか
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥980 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2011年10月
ISBN: 9784893095282

17.5×22.0cm
28P 上製 hard cover
関連書籍
うどんのうーやん
こんぶのぶーさん

出版社からの紹介

のんびり気のいい、ちくわのわーさん。どこかへ急いでいるようですが、あちらこちらへ寄り道ばかり。おひるねしたり、こいのぼりになってみたり、巻きずしさんの服を着てみたり......。わーさん、夕方までに無事目的地へたどりつけるのでしょうか。 読むほどにくせになる、ナンセンス・ユーモア絵本!

ベストレビュー

こういうゆる感、大好きです!

6歳と3歳の息子に読んだら大受け!すごく喜んで何回もアンコールでした。
自分ももともと関西の生まれなので、この絵本のちくわの「わーさん」が話す関西弁が心地よくて大好きです。
ちくわのわーさん、色んなものにあこがれ色々と試していくのですが、結局行き着く先は・・・。
これから冬なので、そんな季節にもぴったりの絵本かも?と思います。
図書館で借りたのですが、あまりにも楽しいので購入しようかと検討中です。
(もももももさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 よしたかさんのその他の作品

そうめんソータロー / おにぎりに はいりたいやつ よっといで / さくらもちのさくらこさん / だいこんさん おふろに はいる / すすめ! かいてんずし / おべんとうばこの なかから



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット