話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
花火師リーラと火の魔王

花火師リーラと火の魔王

作: フィリップ・プルマン
絵: くすはら 順子
訳: なかがわ ちひろ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「花火師リーラと火の魔王」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2003年08月
ISBN: 9784591078105

978-4-591-07810-5
19.5cm x 13.5cm 133ページ

出版社からの紹介

女の子だって花火師になれるわ! リーラはメラピ山の火の魔王のもとへ「高貴硫黄」を得るために旅立ちます。

ベストレビュー

南国の昔話みたいな楽しい話

表紙絵にインパクトがあって、邦訳がなかがわちひろさんなんですよ。
それに加え、先日この作者の『ぼく、ネズミだったの!』を読んでなかなか面白かったので、他にはどんな作品を書かれているのか気になったので、図書館で見つけて借りてきました。

このお話の舞台は、昔話に出てくるような時代のインドか、その周辺の南国のどこかの地域かな?って、想像しながら読みました。
快活で、向う見ずな主人公の女の子:リーラと、振り回される幼馴染の象使い:チュラクと、白いゾウの「ハムレット」のやり取りが面白いです。
そのほかの登場実物として、チュラクのおじさんが何度か登場するのですが、このおじさんも南国ならではのお気楽な発想のちょっとかわったおじさんで、物語を盛り上げてくれました。

最近の児童書は文字の大きさも、私が子供のころに比べると大きめで、文字離れ、読書離れした子どもたちが手に取りやすい工夫をしている出版物が多くなってきました。
この本も同様で、内容は128ページまでしかなく、とても軽いです。読み始めたらあっという間に終わってしまう分量ですが、物語が楽しいので、読んだ後の満足感はたっぷりありました。
小学校の中学年くらいのお子さんからお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フィリップ・プルマンさんのその他の作品

黄金の羅針盤 下〈軽装版〉―ライラの冒険I― / 黄金の羅針盤 上〈軽装版〉―ライラの冒険I― / 琥珀の望遠鏡〔下〕―ライラの冒険III― / 琥珀の望遠鏡〔上〕―ライラの冒険III― / 神秘の短剣〔下〕―ライラの冒険II― / 神秘の短剣〔上〕―ライラの冒険II―

くすはら 順子さんのその他の作品

おうさまのさる / 紙芝居 おそうじ おそうじ おおそうじ / 紙芝居 でてきて おつきさま! / そのときがくるくる / どれにしようかな / やきいもやゴンラ

なかがわ ちひろさんのその他の作品

マザーテレサ / きょうりゅうたちもほんがよめるよ / ハロウィンのかぼちゃをかざろう / てのひらのあいさつ / おたすけこびととおべんとう / きょうりゅうたちのおーっとあぶない


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 花火師リーラと火の魔王

3月の新刊&オススメ絵本情報

花火師リーラと火の魔王

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット