宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
10このちいさなおもちゃのあひる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

10このちいさなおもちゃのあひる

  • 絵本
作・絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784033279206

対象年齢:3・4歳から
31cm×23cm 31ページ

エリックカールスペシャルサイトオープン

出版社からの紹介

大きな海のまんなかで、おもちゃのあひるが船から落ちた!さあ10このあひるたちの冒険がはじまるよ。最後に音が鳴るしかけ絵本

10このちいさなおもちゃのあひる

ベストレビュー

ラストのしかけ

おばあちゃんがお誕生日にプレゼントしてくれました。おもちゃのあひるが船で運ばれる途中嵐にあい、10このあひるが海に放り出されてしまいます。10こはそれぜれちりぢりばらばらに流れ着き、いろいろな海の動物達に遭遇するというお話です。子供にもわかりやすい簡潔な文章に 興味をひきつけるとても素敵できれいな挿絵がついています。次はどんな動物に出逢うのだろう?とページをめくるのがわくわく!楽しみながら数の概念も勉強できるのではと思います。そして10匹目のあひるが遭遇するのは・・・。最後の最後には音の出る仕掛けもついています。息子はいつもラスト近くになると仕掛けをするのを楽しみにワクワクしながら待ち構えています。何度読んでも飽きることのない、とても素敵な絵本だと思います。
(みなきょんさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「10このちいさなおもちゃのあひる」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

エリック・カールさんのその他の作品

とびだす! はらぺこあおむし / エリック・カールの知育ブック1・2・3 / はらぺこあおむしかずとかたち / はらぺこあおむしおふろブック ことばのかくれんぼ / パペラ 1枚の紙でつくる はらぺこあおむしとなかまたち / エリック・カール おおきなかるた

くどう なおこさんのその他の作品

講談社文庫 100万分の1回のねこ / 「いる」じゃん / ちいさな はくさい / おいで、フクマル / はちゃめちゃ・ぶたさん / あいうえおおかみ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

10このちいさなおもちゃのあひる

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット