新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

子どもの「10歳の壁」とは何か?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもの「10歳の壁」とは何か?


出版社: 光文社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥780 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

10歳前後の子どもに起こる変化や成長を見守るため、明らかにされてきた様々な知見をソーシャル・スキル・トレーニングの手法を交えながら紹介。「伸びる子ども」にするための、見守りのポイントを教える。

ベストレビュー

聞きますよね。

「10歳の壁」という言葉は聞いたことがありましたが。
我が家の子供も小学4年生10歳になり、まずこれかな〜と思ったことが。
「勉強」、低学年の頃と比べ難しくなってきました。
学力差が出てくるのもこの時期からかも知れません。
そして、先日我が家の子供が一言。
「友達関係って勉強より難しいよね」
本人に何か起こったわけではないのですが、クラスメートや周りの様子を見て思ったそうです。
「心」も思春期へ入っていく頃なので、考え方・物事の見方が低学年の時とはまた大きく変化してくる頃なのかもと思いました。
親自身も10歳の時は確実にあったのですが、親としてもう一度考えてみたいと思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 一般 > 新書 > 心理(学) > 子どもの「10歳の壁」とは何か?

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

子どもの「10歳の壁」とは何か?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット