新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
ミッシング 森に消えたジョナ

ミッシング 森に消えたジョナ

作・絵: アレックス・シアラー
訳: 金原 瑞人
出版社: 竹書房

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784812422953

ベストレビュー

リアルなシーンでもどこか笑いを誘う描写

消防車を追いかけて、それっきりどこか得行ってしまったジョナ。親友のジョナ。
最後に言葉を交わしたジョーは、彼を引き止めなかった自分、学校をさぼっていることを(最初はすぐ戻ってくると思っていた)ジョナを守るために、ジョナの行先を黙っていたことにひどく罪悪感を抱きながら毎日をやり過ごしていきます。
ジョナが行方不明になってからの周りの人たちの動きをジョーの目から見て読んでいると、“あぁ人間って、こういうところあるよね〜”と、思います。作者の人間心理をさりげなく醸し出すような描写は、どの本を読んでいても、さすがだなと思いました。

全体が「行方不明」ということを取り扱っているにもかかわらず、内容がずっと暗いわけでなく、リアルに怖いシーンでもなぜか笑いを誘うようなやり取りや描写があったりして、
読んでいて面白かったです。
「アナ」という女性が物語のカギを握っているのですが、
主人公とのかかわり方もすごく読ませてくれました。

小学校の高学年くらいからでも、内容的には十分読めますが、共感できるのは中学生・高校生くらいからかなぁと、思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アレックス・シアラーさんのその他の作品

骨董通りの幽霊省 / スキ・キス・スキ! / 透明人間のくつ下 / ラベルのない缶詰をめぐる冒険 / ぼくらは小さな逃亡者 / チェンジ! ぼくたちのとりかえっこ大作戦

金原 瑞人さんのその他の作品

アポロンと5つの神託(4) 傲慢王の墓 / ロイヤルシアターの幽霊たち / 子どもの本の世界を変えたニューベリーの物語 / マインクラフト ジ・エンドの詩 / 世界に生きる子どもたち 男の子でもできること みんなの未来とねがい / ドリトル先生アフリカへ行く


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国文学小説 > ミッシング 森に消えたジョナ

石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

ミッシング 森に消えたジョナ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット