いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
たいようまでのぼったコンドル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たいようまでのぼったコンドル

作: 乾 千恵
絵: 秋野 亥左牟
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥390 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たいようまでのぼったコンドル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月

5才〜6才向き
ページ数: 32 サイズ: 26X19cm こどものとも 2010年12月号

出版社からの紹介

アンデスの山々をのぞむ草地で、織物をする娘に心ひかれたコンドルは、若者の姿になって娘のそばへおりたち、いつしか2人は愛し合うようになります。しかし父親に会うことを禁じられ、娘は病気になってしまいます。コンドルは病気を治すという花を手に入れるため、羽を熱で焦がしながら太陽へとのぼっていきます……。アンデスの地を舞台にした愛の物語。

ベストレビュー

いのちのはな

コンドルが、人間の娘のチャスカに恋をしました。チャスカの歌う♪いくつのもの やまを こえて コンドルが ゆく。
わたしの おもいも、あなたとともに そらを かける。
アーイ、コンドルよ!♪

その歌声に、強く心惹かれているコンドル。
「あの 娘の 歌は、まるで わたしを よんでいるようだ。
いつか あのこの傍に 行って、話をしたいものだ」

そのコンドルとチャスカは、両思いになりましたが、コンドルが、人間ではないと知ると父親から二人が会うことを反対されてしまったのでチャスカは、病気になってしまいました。病気を治すには、太陽の神さまのインティまで登って「大きな赤い花、いのちのはな」をとってくることでした。チャスカの為ならどんなことにも耐え抜いて頑張りぬいたコンドルの姿に惚れ惚れしました。その命の花でチャスカは、救われてマユク(ゴンドルが人間になったときの名前)とチャスカは、はれて一緒に暮らせるようになりました。二人は、子どもたちや沢山のリャマやアスパカとともに、末永く幸せに暮らしたと言うことでした♪

ハッピーエンドが、大好きで、いつまでも余韻が嬉しい私でした♪
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ


乾 千恵さんのその他の作品

山からきたふたご スマントリとスコスロノ / 月人石−乾千恵の書の絵本 / もじと絵

秋野 亥左牟さんのその他の作品

神々の母に捧げる詩 続 アメリカ・インディアンの詩 / とうもろこしおばあさん / ムースの大だいこ カナダ・インディアンのおはなし / たこなんかじゃないよ / おれは歌だ おれはここを歩く アメリカ・インディアンの詩 / 石のししのものがたり



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

たいようまでのぼったコンドル

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット