話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
ポレポレやまのぼり
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ

ポレポレやまのぼり

  • 絵本
文・絵: たしろ ちさと
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年12月
ISBN: 9784477026190

4歳から
A4判

関連するスペシャルコンテンツ


5000円分の図書カードをもらおう!(終了しました)


制作エピソードをうかがいました!

みどころ

表紙で澄んだ青空の中にそびえ立っているのが「たかいたかいやま」。そしてふもとの方に小さく佇んでいるのは、慌てんぼうのやぎくん、お調子者のはりねずみくん、しっかり者のぞうくん。これから頂上をめざして出発するのです。大丈夫なのかな?だって、やぎくんの荷物の大きさといったら・・・!(笑)
そんなスタートの場面を見ているだけでワクワクしてくる『ポレポレやまのぼり』。
絵本の中には登山の楽しさがぎゅっと詰まっています。さわやかな景色と空気の中ゆっくりと歩くふもと部分、意外なほど険しい岩壁、そして息をのむほどの雲海。
頂上についた後はにぎやかな食事と静かで深い闇の夜。
(ここでは、やぎくんが大活躍しますよ!)
なんだか、私も一緒に山登りがしたくてむずむずしてきました。
こんな景色や楽しい時間、経験がないと描けないのでは?と思っていたら、たしろさん、キリマンジャロ山に登った時のことを思い出されながらこのお話を創られたのだそう。(本格的!)山登りの醍醐味はそのままに、こんなに愛らしいお話が完成してしまうなんて、さすがなのです。
ところで、ポレポレってどんな意味だかわかりますか?

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ポレポレやまのぼり

出版社からの紹介

今日はみんなで山登り。
先頭ではりきるハリネズミくん、鳥の声に耳をすますゾウくん、大荷物のヤギくんは、いったい何をもってきたの!?
頂上についたら、テントをたてて、ごはんをつくって・・・・。
わくわくキャンプのはじまりです!

森をぬけ、岩を登り、雲を越え、闇に包まれる・・・・。
山の絶景も見どころです。

ベストレビュー

山に登りたくなる

この本を親子で読んで
「なんかさわやかな新緑の香りが通り過ぎていったね」と
うなずきあいました。

登山口あたりの青々とした緑がなんともさわやかで
山登りの期待感を高めてくれます。
ヤギさん、ハリネズミさん、ゾウさんのトリオが
何とか難所も越えて頂上にたどり着き、頂上で
頂くお夕飯の美味しそうなこと!
山で知り合ったおさるさん達や、うさぎさん達との
出会いも素敵です。

山登りのルール「あいさつしましょう。ごみを持ち帰りましょう」等
さりげなく書いてあって子供は「素敵なルールだね」と言っていました。
この絵本だけのルールじゃなくて、山登りする人に共通する
ルールなのだと説明すると自分も山に登って行き交う人々に
挨拶したいと思ったようです。

他にも語りつくせぬほど山登りの魅力がギュッと詰まっていて、
すぐにでも山に登りたくなる素敵な絵本です。
(かわゆいゆいさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たしろ ちさとさんのその他の作品

図書館のふしぎな時間 / しろちゃんとはりちゃん なつのいちにち / どうぶつ どんどん / ミミとピギーのベネチアりょこう / はなびのひ / せかいいち まじめなレストラン



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

ポレポレやまのぼり

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット