新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
トック トック

トック トック

  • 絵本
作: ブルーノ・ムナーリ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

「トック トック」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年12月
ISBN: 9784577039564

33×25cm 14ページ

この作品が含まれるシリーズ

未訳を含む幻のシリーズがついに刊行!
「ブルーノ・ムナーリの1945」シリーズのみどころについて、
お話を伺いました。

出版社からの紹介

表紙のドアをノックすると、そこには一頭のキリンと、大きな木箱。またノックすると、中には別の動物と荷物が…。荷物と中の動物が小さくなる一方で、やってきた国や地域はどんどん広がっていく!

ブルーノ・ムナーリ  Bruno munari (1907-1998)
ミラノ生まれ。美術・デザイン・絵本など、さまざまな分野で独創的な作品を残したアーティスト。絵本・知育玩具・造形ワークショップを通し、子どもの創造性を刺激し育てるための実践を重ねた。著作に『きりのなかのサーカス』『暗い夜に』『木をかこう』『太陽をかこう』など。

トック トック

トック トック

トック トック

トック トック

トック トック

ベストレビュー

ノックの先に

ムナーリのしかけ絵本です。
表題はノックの音でしょうか。
次々と仕掛け仕立てで開いて読み進める趣向です。
次々と現れる動物たちと、様々な場所から届いた箱や包み。
「開けてみよう」の楽しみがいっぱい体験できますね。
シンプルですが、アートな仕上がりだと思います。
幼稚園児くらいから、ワクワクを体感してほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブルーノ・ムナーリさんのその他の作品

闇の夜に / 3わの ことりの はなし / きいろの てじなし / みどりの てじなし / ジジは ぼうし なくした / みんな おやすみ

谷川 俊太郎さんのその他の作品

ぼく / どうぶつしんぶん / クリスタルを描く / にじゅうおくこうねんのこどく 二十億光年の孤独 / 年少版 にじいろのさかな 特別版 キラキラ・スノードームセット / ちちんぷいぷい


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > トック トック

2022年2月 注目の新刊&おすすめ 〜節分・鬼の絵本〜

トック トック

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

ママの声 1人

ママの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット