季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

チョコレート・アンダーグラウンド

チョコレート・アンダーグラウンド

  • 児童書
作・絵: アレックス・シアラー
訳: 金原 瑞人
出版社: 求龍堂

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年06月
ISBN: 9784763004208

B6

内容紹介

選挙で勝利をおさめた「健全健康党」は、「チョコレート禁止法」を発令した。そんなおかしな法律に戦いを挑むことにしたハントリーとスマッジャーは、チョコレートを密造し、「地下チョコバー」を始めることにした。

ベストレビュー

甘いお菓子が国で禁止されてしまったら?

訳者あとがきを読むと、アレックス・シアラーの3作目の本らしいです。
訳者の金原さんも書いていますが、アレックス・シアラーは全く違ったコンセプトやジャンルのお話を次々と考えていくすごい作家さんだなぁと、改めて思います。

この話はヨーロッパのあるどこかの国で、政権交代をしたらば、「チョコレート」を含む甘いお菓子禁止令を出されてしまって、甘いお菓子が大好きな子どもや大人たちが、奮闘する。というお話です。

お菓子食べたさに過去のお菓子作りの本を古本屋で探して、作ってしまうとか、お菓子を食べている。また所持しているとわかった人たちは、大人でも子供でも容赦なく収容所のようなところへ連れて行かれて、矯正させられてしまったり、すごい世界です。
普通の日本の子どもたちにはとても我慢できないと思います。

主人公のハンフリーとスマッジャーは先生に目をつけられてしまいがちな元気な男の二人組です。
最終的には、彼らがチョコレートを取り締まる健全健康等の捜査官たちと戦うのですが、このラストの展開はワクワクドキドキします。

小学校高学年くらいから中学・高校生くらいのお子さんたちにお薦めします。
特に甘いものが大好きな元気な男の達に読んでもらいたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ZOOM
    ZOOMの試し読みができます!
    ZOOM
    作・絵:イシュトバン・バンニャイ 出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
    おかげさまで11刷!!

アレックス・シアラーさんのその他の作品

骨董通りの幽霊省 / スキ・キス・スキ! / 透明人間のくつ下 / ぼくらは小さな逃亡者 / ラベルのない缶詰をめぐる冒険 / チェンジ! ぼくたちのとりかえっこ大作戦

金原 瑞人さんのその他の作品

アポロンと5つの神託(4) 傲慢王の墓 / ロイヤルシアターの幽霊たち / 子どもの本の世界を変えたニューベリーの物語 / マインクラフト ジ・エンドの詩 / 世界に生きる子どもたち 男の子でもできること みんなの未来とねがい / ドリトル先生アフリカへ行く


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国文学小説 > チョコレート・アンダーグラウンド

2月の新刊&オススメ絵本情報

チョコレート・アンダーグラウンド

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット