話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト
話題
ウイルスにマケマ戦隊 ゲンキーズ

ウイルスにマケマ戦隊 ゲンキーズ(フレーベル館)

マケマ戦隊ゲンキーズと一緒にウイルスをやっつけよう!

  • 学べる
  • 役立つ
おやすみなさいABC

おやすみなさいABC

  • 絵本
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: エズフィール・スロボドキーナ
訳: 木坂 涼
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年11月
ISBN: 9784577039786

25×21cm 32P 

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

夕暮れの情景から、おだやかな寝息が聞こえるまでを、ABC…にあわせて静かに語った、心安らぐ「おやすみの絵本」

ベストレビュー

リズミカルな文章が良い

マーガレット・ワイズ・ブラウンは、42歳の若さで1952年に亡くなったのですが、実に100冊以上を世に残しています。
さらに凄いのは、70以上もの未出版の原稿が残されていたこと。
彼女の姉妹、Roberta Brown Rauchが売ろうとして上手くいかず、杉のトランクに何十年もしまっておいたのですが、1991年ウォーターマーク社のエイミー・グレイが500枚以上のタイプ原稿を再発見し、これらの出版にとりかかったとされています。
エズフィール・スロボドキーナは、1940年の「おさるとぼうしうり」がつとに有名。
名前からするとロシア出身と思いきや、29歳の時にロシアから学生ピザでアメリカに移住してきて、1937年にマーガレット・ワイズ・ブラウンに出会ってから、絵本にイラストを描くようになったとのこと。
そんな二人の1953年の作品です。

物語は、
「Aは ALONE
ALONEは ひとり
こねこが ぽつん
ニャ〜と なく」
というAから始まります。

AからZまで続きますが、どれも、マーガレット・ワイズ・ブラウンらしいリズミカルなもの。
読み聞かせに相応しい作品と言えるでしょう。
絵も、ぼくを中心にした日常生活を描いたものが中心なので、親しみを持って見ることができるもの。
色合いが一寸暗めの感がありますが、くっきりとした輪郭の絵なので、問題ないでしょう。
ABCの絵本って、今までも沢山ありますが、やはり文章がリズミカルなものに限ります。
そうした意味合いからすると、合格点の絵本だと思います。


(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

おはよう おやすみ ぼくの せかい / ウィリーのぼうけん / おどろいた りす / ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / 世界はまるい / にんぎょうの おいしゃさん

エズフィール・スロボドキーナさんのその他の作品

おさるとぼうしうり(洋書版) / おさるとぼうしうり

木坂 涼さんのその他の作品

くまのルイス / もしかして… / かいじゅうごっこ / いえがあるっていいね / 教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(5) シロクマ / 教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(6) コチドリ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > おやすみなさいABC

『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

おやすみなさいABC

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット