新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
月へ アポロ11号のはるかなる旅

月へ アポロ11号のはるかなる旅

  • 絵本
作・絵: ブライアン・フロッカ
訳: 日暮雅通
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年02月
ISBN: 9784033482408

小学校1・2年生〜
28cm×25cm/40ページ

読む人を月旅行へと連れていってくれる絵本

1969年に初めて月に着陸したアポロ11号の軌跡を詩的な文章と、迫力と魅力あふれる絵で描く。読む人を月旅行へと連れていってくれる。

月へ アポロ11号のはるかなる旅

ベストレビュー

とてもとてもお薦めです!

実は私、あまり専門的なことが沢山書いてある絵本って苦手なんです。だから、父が息子にこの本をくれた時に、題名と見開きのページを見た瞬間に、う...と思ったのです。見開きのページには、ロケットの全体図と小さなたくさんの文字が書いてあって、ああ、読むのが面倒くさいなぁと思ったのが本音です。

でもでも、そこをとばして、本文を読んでみると、この本、とってもいいんです! 人類が初めて月へ行った時のことを、小さな子供でも分るような言葉で、しかも必要なだけの詳細が描かれているので、うんざりしないんです。

低レベルかもしれませんが、この本で初めて、ロケットは地球から離れると、その距離に応じて、どんどん切り離されて小さくなることを知りました。そして、最後には、最初に比べてとても小さな機体で大気圏に戻ってくることを、読み終わってから、もっとロケットのことを知りたい!という気持ちがとても強くなって、あの最初に拒否反応を起こした見開きのページを夢中で見て、知りました。

アポロ11号が宇宙に飛び出した時の宇宙の絵がとても神秘的で吸い込まれそうになりました。

とてもとてもお薦めです。特に、将来は宇宙飛行士になりたい!と思っている小さなお子さんにプレゼントしたい1冊です。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブライアン・フロッカさんのその他の作品

おひめさまになったワニ / 走れ!! 機関車

日暮 雅通さんのその他の作品

指差す標識の事例 上 / 指差す標識の事例 下 / この世界のしくみがすべてわかる ジュニアサイエンス大図鑑 / 生物の進化大事典 / 七人のイヴ 上 / 七人のイヴ 下


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 月へ アポロ11号のはるかなる旅

堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

月へ アポロ11号のはるかなる旅

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット