宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぼくはおばけのおにいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくはおばけのおにいちゃん

  • 絵本
作: あまん きみこ
絵: 武田 美穂
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784774606651

出版社からの紹介

夏の夜空におばけ座がいっぱい!
「こんばんは」ふりむくと、窓のふちには、おばけのこ!!ぼくたちをつれて、夏の夜空へとびだした!夜空きらめく絵本。

ベストレビュー

頼りがいのあるお兄ちゃん

お母さんの帰りが遅くなって、夜少しの間お留守番をすることになったお兄ちゃんと妹。お母さんの帰りを待って外を眺めていた妹がお化けをみつけます。
お兄ちゃんは妹が泣き出さないように(自分は怖くて足が震えたりしてるのに)『おばけはいいやつさ。あのかたちだからきらわれるんだ。きのどくだろ?』なんて強がってみせます。
ところがその言葉に喜んだお化けが兄妹の部屋に入ってきて・・。
こんなお話です。
妹思いの素敵なお兄ちゃん。夜空の大冒険に連れて行ってくれる優しいお化け。とてもふんわりしたお話でした。
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / はなまつりにいきたい / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ

武田 美穂さんのその他の作品

ひきがえるに げんまん / マネキンさんがきた / ランドセル名作 3つのとんち /長ぐつをはいたねこ・一休さん・うさぎどんきつねどん / たいふうのひ / おさるのこうすけ / しんけんしょうぶ だるまさんがころんだ



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

ぼくはおばけのおにいちゃん

みんなの声(22人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット