新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
いちりんの花

いちりんの花

  • 絵本
作: 平山弥生
絵: 平山美知子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年01月28日
ISBN: 9784062174466

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
B5判・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

続きを読む
いちりんの花

ベストレビュー

生を受けた喜びを認識できる作品

2012年1月の初版。
文、平山弥生さん、絵、平山美知子さんという親子による作品。
平山の姓から、もしやと紹介欄を見ると、やはり、あの平山 郁夫さんの奥様と娘さんでした。
平山郁夫さんと言えば、現代日本画壇の最高峰に位置する画家であり、弥が上にも期待は高まります。
その奥様である平山弥生さんの経歴が凄いです。
何と、東京藝術大学を首席で卒業。
将来を嘱望されたものの、結婚後、夫を支えることに徹したとのこと。
それが、郁夫さんの遺言によって、活動を始めたというのですから、人に歴史ありといったところです。

物語は、太古の地球の歴史からを、簡易な表現で綴ったもの。
神さまの素敵な贈り物が、いちりんの花。
その花の誕生以来、人間が生まれ出でて、繁栄するのですが、悲しいことが起こったとあります。
絵からすると、原爆のキノコ雲。
人々が争うようになり、沢山の人が亡くなり、花も草も木も焼かれ、動物のいなくなってしまうのですが、
それでも、お日様は私たちを照らしてくれますと結んでいます。
そして、そこには、象徴的ないちりんの花が咲くのです。

とても穏やかな気持ちにさせられる作品です。
そう、いつでも、お日様は私たちを照らしてくれるし、周りには、花が咲き、小鳥は歌をうたい、犬や猫がいて、1日が始まるという、当たり前のことに感謝して生きないとならないのです。
生を受けたことの意味を考えて、決して奢ることなく、過ごしていきたいものだと改めて思いました。

最後の一文を引用します。

「ページを開いたみなさんへ
平山 弥生

宇宙からの旅人なのでしょうか?
それとも
神さまからのおくりものなのでしょうか?
すべては
いちりんの花から始まりました
この本のページを開いたみなさんへ
どうか心に咲いている
みなさまそれぞれの花を
いつまでも いつまでもたいせつに
育ててあげてください
いつまでも・・…いつまでも・・…」

心の琴線に触れる文章だと思いました。
多くの方に読んで欲しい作品です。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
990円
1,430円
1,320円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

18,480円
550円
1,980円
2,420円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

いちりんの花

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら