話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
川のうた

川のうた

  • 絵本
詩: ラングストン・ヒューズ
絵: E.B.ルイス
訳: さくま ゆみこ
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784895728225

A4変型判・32ページ・4色刷り

出版社からの紹介

ユーフラテス、コンゴ、ナイル、そしてミシシッピ―。悠久の流れをたたえる川。
川とともにあった人々の魂の声を語り伝える。ハーレム・ルネサンスの中心人物、ラングストン・ヒューズの代表作に詩情あふれるイラストを添えた珠玉の作品。

川のうた

ベストレビュー

魂の歌が聞こえる

ハーレムで活躍した黒人作家の18歳の時に書いた詩だそうです。
その活躍は知らないのですが、淡々とした詩の中に、黒人が奴隷としてアフリカから連れられてきたルーツから現在の自分たちの情況までに貫かれた哀歌がにじみ出ているように思います。
いろいろな経験をして「わたしのたましいは、川のように深くなった」のです。
その川は「人間の体をながれる血より古く」昔から流れているのです。
ユーフラテス川、コンゴ川、ナイル川、ミシシッピー川と何かを象徴するような川に自由と迫害と希望を織り込んでいるように、川はたましいそのもののようです。

でも、この絵本を難しく考えるよりも、E.B.ルイスの絵に圧倒されて、言葉などどうでも良くなってしまうほど、絵がパワフルでソウルフルです。
ジャズでも聞きながら、どっぷりとつかりたい世界を感じました。

さくまゆみこさんの翻訳は、多少子供向けのように思いますが、木島始さんの骨太な訳もお薦め。
ただし、E.B.ルイスの絵を見ながら。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

E.B.ルイスさんのその他の作品

ひとりひとりのやさしさ / むこうがわのあのこ / かあさんをまつふゆ

さくま ゆみこさんのその他の作品

トラといっしょに / みずをくむプリンセス / グレタと よくばりきょじん たったひとりで立ちあがった女の子 / おまつりをたのしんだおつきさま / 明日をさがす旅 故郷を追われた子どもたち / なかよしの水 タンザニアのおはなし



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

川のうた

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット