まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
いまむかしえほん(9) わかがえりの水
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いまむかしえほん(9) わかがえりの水

  • 絵本
文: 広松 由希子
絵: スズキ コージ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年12月30日
ISBN: 9784265080090

3才向け
A4変型判 28.6×21.6 28頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

山で不思議なわき水を飲んだおじいさんは若返って家に帰ってきました。おばあさんはうらやましがって、自分も山へでかけました。わき水を見つけると、がぶがぶ飲んで…。

ベストレビュー

なかなか斬新的な世界でした。

表紙からしてスズキコージさんの絵はインパクトがあります。
正直、日本の山道には見えませんでした。
ただこれはこれで、独特の世界観があって面白かったです。
一番印象的だったのはおじいさんが初めて「若返りの(おいしい)水」を飲んだ時のページです。

“おいしい”って、表現が、半端なく伝わってきました。
しかも、おじいさんったら若返ったらめちゃめちゃ美男子だし(笑)
おばあさんは残念ながら赤ちゃんになってしまいましたけど、10代くらいでとめていたら、どんな女の子だったんでしょう。
ちょっと見てみたい気がしました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


広松 由希子さんのその他の作品

目で見て かんじて 世界がみえてくる絵本 / うるさく、しずかに、ひそひそと 音がきこえてくる絵本 / なんにかわるかな? / さむがりペンギン Pengouin glace / おばあちゃんはだれににているの? / きょうの絵本 あしたの絵本 2001から2012の新刊案内

スズキ コージさんのその他の作品

そもそもオリンピック / 紙芝居 ドラゴンのバラ / チンチラカと大男 ジョージアのむかしばなし / 紙芝居 かまた先生の アリとキリギリス / やまのかいしゃ / コーベッコー


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > いまむかしえほん(9) わかがえりの水

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

いまむかしえほん(9) わかがえりの水

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット