ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
びんぼうがみさま

びんぼうがみさま

絵・再話: 福知 伸夫
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥429

「びんぼうがみさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年01月

5才〜6才向き
こどものとも 2011年1月号
32ページ 26X19cm

出版社からの紹介

あるところに、貧乏な夫婦がいた。どんなに働いてもなかなかお金がたまらない。気落ちしながらも、大晦日に家の掃除をしていると、押し入れの中に小さなじいさまが座っているのに気がついた。それは貧乏神様だった。貧乏神様は夫婦に、大晦日の晩、金銀銅の神様がやってくるので、どれかをつかまえれば、お金ができると教えてくれる。ところが……。

ベストレビュー

人恋しい貧乏神

お話の中に出てくる銅の神様だけでなく、金の神様も銀の神様も、正体は貧乏神のような気がするのですが、ため息ばかりついているから貧乏神がくるのか、貧乏だからため息ばかり出るのか、いたずら好きな貧乏神に振り回されるお話です。
人懐っこくて、酒をふるまったりして、貧乏な夫婦によりそっていたい神様ですが、せっせと働いてとりつく隙を見せないと、居場所がなくなってしまうのですね。
ちょっと可哀想な気もしました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

出版社おすすめ


福知 伸夫さんのその他の作品

ぱか ぱか / ふじさん おはよう / なにしてあそぶ? 福知さんちの親子あそび日記 / こちょこちょ / わっしょい わっしょい / てのひらむかしばなし はなたれこぞうさま


絵本ナビホーム > > びんぼうがみさま

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

びんぼうがみさま

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット