季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

家郷のガラス絵 出雲の子ども時代

家郷のガラス絵 出雲の子ども時代

著: 長谷川 摂子
出版社: 未来社

税込価格: ¥1,980

「家郷のガラス絵 出雲の子ども時代」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784624601119

内容紹介

次世代へと遺され、あるいは受け継がれていく、「語ること」の豊かさと不思議さ。そして人生の滋養となる子ども時代の体験を見つめる、ふるさと回帰の旅。『とんぼの目玉』に続く第2エッセイ集。

ベストレビュー

長谷川さんの出雲の子ども時代

長谷川摂子さんの本を勉強した時に、長谷川さんの子ども時代のことを描いたエッセイ集が出ていることを知りました。

昨年、長谷川さんはお亡くなりになりましたので、これが最後の単行本ということでしょうか。

その勉強会で『人形の旅立ち』に収録されている作品がデビュー作であることを知りました。

『家郷のガラス絵』を読み、『人形の旅立ち』に出てくる情景、出雲で過ごされた子ども時代が長谷川さんの作品のペースになっていることが理解できるような気がしました。

「麗子叔母の一生」では叔母様の生き方を通して老いを見つめる姿、いじめ体験の克服、笠智衆の自伝を読んで腑に落ちなかった点を小説風に描く試みなどが、心に残りました。

長谷川さんというと絵本作家というイメージで私は始まったのですが、今昔物語集の現代語訳などもされていたようですし、美術史の共同翻訳などもされ、また私塾もご主人とされていて、多方面にアンテナを張り巡らし、好奇心が旺盛な方だったことがわかります。

もう一度長谷川さんの作品・仕事の足跡をたどってみたくなりました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 摂子さんのその他の作品

ぐやんよやん / はちかづきひめ / まほうのコップ / 絵本が目をさますとき / さくら / ことろのばんば


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 家郷のガラス絵 出雲の子ども時代

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

家郷のガラス絵 出雲の子ども時代

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット