宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
講談社文庫 しずかな日々
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社文庫 しずかな日々

  • 児童書
著: 椰月 美智子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥495 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年06月
ISBN: 9784062766777

272ページ

出版社からの紹介

読み始めてすぐ、これはただごとではないと思った。自分はいま傑作を読んでいるのだ、という強い確信を抱いたのである。――北上次郎(解説より)

おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼくはいつだって戻ることができる。あの、はじまりの夏に――。おとなになってゆく少年の姿をやさしくすこやかに描きあげ、野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞をダブル受賞した感動作。

ベストレビュー

情景描写が素晴らしい

小学5年生が主人公。お母さんと確執ができ、それの原因はどうやら宗教らしいのだが、おじいさんに預けられて、自然や、食べ物の大切さや美味しい味わい、家族の情愛などをどんどん知っていくえだいち。

そして、友人がいなかったのが、明るい、同じような家庭環境の子と仲良くしてもらって、どんどん世界が広がっていく姿。。

田舎の夏の描写が本当に秀逸で、好きになった作品だ。

大人が読んでも面白い。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


椰月 美智子さんのその他の作品

昔はおれと同い年だった田中さんとの友情 / 講談社青い鳥文庫 しずかな日々 / 純愛モラトリアム / 市立第二中学校2年C組 / しずかな日々 / 十二歳



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

講談社文庫 しずかな日々

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット