くわがたむしのなつ くわがたむしのなつ
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏の新ていばん!人間達の知らないくわがたむしのドラマ!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ニングルの森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ニングルの森

著: 倉本聡
絵: 黒田 征太郎
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ニングルの森」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年07月
ISBN: 9784082990084

サイズ:A5 144ページ

内容紹介

北海道の原生林の奥深くにわずかに生存する先住民族ニングル。彼らは生命の木とともに生き、その寿命は数百年にもわたる…。本書は、生き方の中心軸を失った人々へのニングルからのメッセージ。著者初の童話作品。

ベストレビュー

北海道山奥に住むニングル(小さなヒト)からの教えに学ぶ

倉本 聡さんの初めての童話です
北海道の十勝岳の奥に住む 先住民 ニングル(小さなヒト)のお話です

ニングルからみて 人間はどう見えるのかが書かれています
えっ?と考えさせられるものばかりでした

太陽(人間が作った電気のこと)
お札 (人間はお金を貯めていること) 「お金を貯めて食料にするのか?」
「喰えんものをどうしてためこむんだ?」
ニングルの会話が おかしく ニンマリしました
文字を持つ人間 ニングルは「文字を持たなくても 一度聞けば全部覚えている」
土地を持つ人間「人間は個人で土地を持つらしい。 所有する
自分の持ち物にする」

時間に追われて生活している人間たち 
高速道路を造り 速く移動する 車がたくさん走る
 
「急ぐと人間は幸せになるのか」(なんだか 考えさせられます)
 
ニングル達は とても長生きで 長(おさ)は二百八十三歳
そして 「命の木」をそれぞれ持っていて生まれた時 木を植えその木と一緒に成長するんです

それでも 命の木が枯れて朽ちても そこから 別の命が出るんです(だから 涙を流して 悲しまなくてもいい)

昔 人間は畑を増やそうと6万本の木を全部伐ってしまった
その時に 六万人のニングルが死にました(ニングルは 森の奥に入り 姿を見せなくなりました)

人間の生き方 このお話で 警鐘を鳴らされているように思いました

子ども達にもこのお話を読んであげたいと思いました

{世の中がどんどん進歩しても 純粋な者たちの心の中には 人間本来のDNAがまだしっかりと息づいている筈ですから}

倉本 聡さんの 言葉より
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


黒田 征太郎さんのその他の作品

18歳のアトム―手塚治虫の鉄腕アトムから18歳のアトムへ / いぬいいこ ねここねこ―スキ・キライのものがたり / マーゴットのお城 / マーゴット / 「マーゴット」と「マーゴットのお城」(全2冊セット) 英訳付き / 拝啓 サクラさく



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

ニングルの森

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット