もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
クリスマスプレゼント何にしようかな…そんな方へ『絵本とおもちゃ』のセットをご紹介♪
アリのおでかけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アリのおでかけ

  • 絵本
作: 西村 敏雄
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥838 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年05月20日
ISBN: 9784592761525

1歳〜
B5変型判 /24頁

2〜3歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

アリさんたちがバスに乗っておでかけです。
がたがた ごとごと ぶーぶー ぶーぶー
何だか随分でこぼこ道を走っているようですが?
画面をずーっと引いてみると・・・あ、そこは何とワニの背中!
それはそうなりますよね。
アリさんですから。何しろ小さいですからね。
おや、今度は随分と高い山が二つ見えてきましたよ・・・。

アリさんを乗せた赤いバスは、山や森、それからものすごい坂、
次から次へ険しい場所を進んでいきます。一体そこはどこなんでしょう?

それにしてもこれだけ色んな道を走った後だというのに、アリさんたちのすっきりとした顔!
完全に楽しんでいるんですね。自分たちの小ささを生かしきった、なかなか高度な遊びです(笑)。
ページをめくるたびに出会う発見が楽しいですよね。そして必死で運転する小さな赤いバスと、大きな大きな動物たちののんびりした様子。この組み合わせの面白さは、小さな子どもたちも一目見て気に入ってしまうに違いありません!
可愛い可愛い赤ちゃん絵本です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

アリのおでかけ

アリのおでかけ

出版社からの紹介

アリさんたちを乗せた真っ赤なバス。
どこを走っているのかな…!?

ページをめくるたび楽しい発見が!
第3回MOE絵本屋さん大賞第1位絵本
『うんこ!』の作者が描く、
赤ちゃん絵本の新定番。

ベストレビュー

何度も答えて喜ぶ息子

本屋さんで真っ赤なバスと、バスに乗るアリの表情に目を奪われました。2歳の息子も、「これ、ボクの!」とすぐに抱えて離しません。
「アリがバスでおでかけです」と、4匹のアリを乗せたバスが進むのですが、なんだか道がへんてこに。でこぼこ道だと思ったらそこはワニの背中だったり、山だと思ったら、らくだのこぶだったり。「そういうことか」と分かってきたら、次は何だか予想するのが楽しくなって、わくわくしながらページをめくりました。
何度も読んでいて、もうどこを走っているのかの答えを知っているのだけれど、子どもは「ワニ!」「らくだ!」「ゾウ!」とか嬉しそうに何度も答えて喜んでいます。読んでいる私も、なんだか楽しくなる絵本です。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西村 敏雄さんのその他の作品

アントンせんせい あかちゃんです / ハロウィン!ハロウィン! / マロンちゃん カレーつくってみよう! / おしりだよ / げたにばける / みんなの くまくまパン



道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

アリのおでかけ

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット