しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
心の森
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

心の森

  • 児童書
作: 小手鞠 るい
装画: 酒井 駒子
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年12月
ISBN: 9784323063317

【判型】 四六判 【ページ】 142ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アメリカの小学校に転校した少年は、森で不思議な少女に出会う。少女は何も話さないが、森の動物とふれ合いながら、少女の優しさにひかれるようになる。楽しい日々、そして、別れ。少年の成長をみずみずしく描いた物語。

ベストレビュー

小枝と小石のメッセージ

新聞に本の紹介がありぜひ読みたくて図書館で借りてきました
父の転勤で少年「ひびき」はアメリカの小学校に転校する
家の裏庭で出会った不思議な少女「デイジー」の優しさにここが惹かれて行きますが・・・・
最初は妖精か何かのファンタジーなのかなと思っていましたが、しっかりと現実的な物語に、摩訶不思議な動物たちとの出会いが物語に引き込まれていきました
そしてデイジーのひみつ、それはあまりにも悲しい現実でした
お話は少年が大人になってから、少年時代の出来事を振り返って語る・・・という始まり方

ラストにデイジーが残してくれた小枝と小石のメッセージを大人になったひびきが理解するのですが、感動的です

小学校高学年にお勧めです
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

小手鞠 るいさんのその他の作品

 / スポーツのおはなし(リレー) 空に向かって走れ!  / 空から森が降ってくる / ねこの町のホテル プチモンド ハロウィンとかぼちゃの馬車 / そらをとんだワンダ / 放課後の文章教室

酒井 駒子さんのその他の作品

もうひとつの曲がり角 / ねえさんといもうと / RDGレッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴 / 森のノート / カーネーション / 犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと



中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

心の森

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 6
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット