話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
道草いっぱい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

道草いっぱい

作: 八島 太郎
出版社: 創風社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

帰り道で 大人になるためのさまざまなことを 学ぶ 「道草」

作者の八島太郎さんは 明治41年 鹿児島県に生まれました
小学校時代   学校の帰りみちに 道草をして  毎日いろんな事を学びました

大人達の仕事ぶりを見て 子ども達はいろんな事を学んでいたのです
桶屋さん 染物屋さん  お菓子やさん(飴作りや あんこ入りのお菓子)
畳屋さん ちょうちんやさん 看板やさん  豆腐屋さん・・・・・

すごいな〜   こんな時代に生きた八島さんが 絵本で伝えてくれています

タイトルは 「道草いっぱい」です 
この 道草が 子どもにとっての 学びの場だったのですね

今の時代の子ども達とは 大きく違いますね! 
「早く 早く」 道草なんか とんでもない 時間に追われた生活をしているのではないでしょうか??

現在は このような職人さんの仕事を身近に見ることはできません
工場でいろんな物が生産されているので 身近に見られません
 
本当! この本から いろんな事を学べました!

人間がどう生きるのか   いろんな職人さんの仕事のわざ
すごいな〜と思いました

この絵本を 大人が読んで 「どういう生き方を子どもたちに伝えるのか」  改めて考えることが 大切だと思いました!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


八島 太郎さんのその他の作品

福音館文庫 トム・ソーヤーの冒険 / 村の樹 / からすたろう / トム・ソーヤーの冒険


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 道草いっぱい

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

道草いっぱい

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット