宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おおさむ こさむ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおさむ こさむ

  • 絵本
作・絵: こいで やすこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784834021455

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

出版社からの紹介

「きつねのきっこ」シリーズの3作目。ある雪の日、いたちのちいとにいと一緒に外へ遊びに出かけたきっこの前に、ふたつのゆきだるまがあらわれます。一緒に遊び始めると・・・。

ベストレビュー

最後は「ほっ」っと。

最初から何かが起こりそうな予感?
かわいらしい絵の中でドキドキするようなおばあちゃんの言葉が。
どんどん怪しい雰囲気になってきて・・・
途中から娘は「ゆきぼうずじゃない?」「これ絶対ゆきぼうずだよ」とドキドキしているようでした。
最後まで読むと「ほっ」としていました。
(ちえこちゃんさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

こいで やすこさんのその他の作品

たろうめいじんのたからもの / おいちにの だーるまさん / くさはらだより / おべんともって おはなみに / なっちゃんのゆきうさぎ / あけび みつけた



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

おおさむ こさむ

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット