ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
不器用な日々

不器用な日々

作: 清水 真砂子
出版社: かもがわ出版

税込価格: ¥2,090

「不器用な日々」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784780303919

ベストレビュー

清水眞砂子さんのエッセイ

清水眞砂子さんの翻訳の本も読んでいますが、清水さんの『そして、ねずみ女房を見た』『幸福に驚く力』を読んで、批評家、文筆家としての面にも惹かれていました。

清水さんご自身も書かれていますが、この本は子どもの本に関することとも描かれている一方で、清水さんが日常で思われたこと、感じられたことも描かれているエッセイです。

幸運にも今年清水さんの講演をお聞きすることがありました。著書に現れているように、日々の移ろいや言葉についてとても敏感に感じておられて、また洞察力の鋭さも改めて感じました。

この本は、講演会後に読みましたが、読みながら清水さんの語り口が蘇ってくるようでした。

困難な時代に心を支えてくれるのはやはり言葉の力。読書をしながら私は自分の気持ちを代弁してくれるような言葉に出会うと、自分はああこんな気持ちだったのだと思うことがよくあります。

本を通してその著者の対話して、そこからまた自分の人生に役にたつ知恵をもらい生きてきたような気がするのです。

ですから、巻末に「子どもの本のもつ力」という最終公演が載せられていて読みながら胸が熱くなる思いでした。

清水さんの『本の虫ではないけれど』がまだ読めていないのですが、こちらも読んでみたいと思っています。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

清水 真砂子さんのその他の作品

子どもの本のもつ力 世界と出会える60冊 / カルペパー一家のおはなし / 岩波ジュニア新書 大人になるっておもしろい? / 岩波少年文庫 めざめれば魔女 / ピーターサンドさんのねこ / ドラゴンフライ ア−スシ−の五つの物語



「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

不器用な日々

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット