まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼくの きしゃ ポッポー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくの きしゃ ポッポー

  • 絵本
作: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年02月
ISBN: 9784776404989

2〜5歳
29×22cm 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ぼくのきしゃが、ちゅうおうえきにはいりまあす、シュッシュポッポー! おきゃくさんは、カモさん、ひつじさん、おさるさん、くまさんです。いすのてっきょうをくぐり、クッションのトンネルをぬけて、ぼくのきしゃははしります。パリ在住の絵本作家市川里美が描く、想像力あふれる汽車の旅。市川里美のアトリエにあるぬいぐるみたちが、いきいきと動き、汽車は、家具や小物を、丘や山にみたてて走ります。

ベストレビュー

きしゃぽっぽ

きしゃぽっぽのごっこ遊びをお部屋の中で楽しんでます。

きしゃぽっぽに、ぬいぐるみのカモさん・ひつじさん・おさるさん・

くまさんをのせて”ちゅうおうえき”から出発で〜す。

最初の駅は、”きんぎょえき”で、カモさん”ザブーン”と、池の飛び

込んで気持ちよさそうです。ひつじさんは、ポピーばたけで降りま

した。次は、ジャングルでおさるさん。最後のえきでは、くまさんが

降りてほっとしていると、ちびカンガルーさんもいて、また一周して

きしゃぽっぽ遊びを楽しんだお話でした。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市川 里美さんのその他の作品

こうまのマハバット / メリークリスマス-世界の子どものクリスマス- / ぼくの島にようこそ! / マンモスのみずあび / なつめやしのおむこさん / ペンギンのパンゴー


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ぼくの きしゃ ポッポー

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

ぼくの きしゃ ポッポー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット