虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ふたりの箱
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふたりの箱

  • 絵本
作・絵: クロード・K・デュボワ
訳: 小川 糸
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふたりの箱」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784591120392

中学生〜
サイズ:21.5cm x 15.5cm ページ数:41ページ

出版社からの紹介

大好きなのに離れ離れになった父と娘。あまりに悲しすぎて二人はお互いの存在を心の箱にしまうことにしました。ささくれた心にじんわり届く切なくて優しい物語。

ベストレビュー

父と娘の絆

離婚することなり、家から出ていった父親を慕うジュリーに嫌いと言われ、悲しみに打ちひしがれ、こんな気持ちでは生きていけないと、ジュリーを心の箱に閉じ込めた父親。ジュリーも、お父さんを心の箱の中に閉じ込めました。二人の心の葛藤を描いていますが、離れていてもお互いに慕い合っているんだと思いました。お父さんの「ジュリー、会えないかな?」で、再会を果した二人ですが、これから先も気になりますが、素直に会いたいと言えてよかったと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クロード・K・デュボワさんのその他の作品

路上のおじさん / かあさんはどこ? / さいこうのおたんじょうび / わたし、ぜんぜんかわいくない / しあわせのおくりもの / ほるぷ出版の大きな絵本シリーズ だいすきっていいたくて

小川 糸さんのその他の作品

ミ・ト・ン / かようびのドレス / クリスマスがやってくる / ともだちはどこ? / アングランドの小さなおくりもの / はるになると



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

ふたりの箱

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット