しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ちょうつがい きいきい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちょうつがい きいきい

  • 絵本
作: 加門 七海
絵: 軽部武宏
編: 東 雅夫
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月15日
ISBN: 9784265079551

小学校高学年 〜 一般向け
A4変型判 29.0×22.0cm 32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

部屋の扉を開けると、きいきいと音がする。よく見ると、なんとそこにはおばけがはさまっていて、痛い痛いとさけんでいるではないか。耳をすますと、あっちからもこっちからも、きいきいきい…さあ大変だ! 加門七海と軽部武宏が奏でる鳴り止まない恐怖。

ベストレビュー

いたい。いたい。いたい。いたい。

タイトルから、「ちょうつがいが、どうしたんだろう?」という思いに
駆られつつ、読み始めました。

全体的に暗い印象、その中で注目される、ちょうつがい。
暗い部屋の中で、「きい きい」と聞こえる、高い音。
そして、なぜか見えてくる、音の正体!?

あんな音やこんな音の正体が、よく見たらあんなものだったら・・・!
見方によっては、笑えるものだったり、グロく見えて、目を反らしたくなったり。
読む人にとっては、賛否両論、感想が真っ二つに分かれる絵本かもしれませんが、
個人的には視点がとても新鮮で、良かったと思います。

なんといっても、怖い絵の雰囲気が、より異様な雰囲気を演出してます。
個人的に、ブランコのシーンがおススメ。そしてそのページから数ページ進んだところの、
母娘の絵が怖い。お母さんの手が透けて、娘の目がうっすら見えてる!!

日常生活の音に敏感になってしまったら、あなたにも見えるかもしれませんよ(笑)
(どんぐりぼうやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


加門 七海さんのその他の作品

お咒い日和 その解説と実際 / 着物憑き / <よりみちパン!セ> 「怖い」が、好き!

軽部武宏さんのその他の作品

ひみつだからね / 夜明け前のキョーフ / 真夜中のキョーフ / おいで / えさの じかんだよ / えほん遠野物語 ごんげさま

東 雅夫さんのその他の作品

おろしてください / 平成怪奇小説傑作集3 / まどのそと / あやしい絵本 / くうきにんげん / はこ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ちょうつがい きいきい

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

ちょうつがい きいきい
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット